• ホーム
  • 信頼できる投資顧問は新鮮な情報を提供してくれる

信頼できる投資顧問は新鮮な情報を提供してくれる

投資顧問といっても、優秀なところもあれば、適当な情報しか言わないところ、儲けそうな人にはちゃんとした情報を教え、無頓着そうな人にはあることないこと言うところなど、その投資顧問が信頼できるかどうかは実際話を聞いてみなければわかりません。
しかし、確実に言えることは、いつも新鮮な情報や確実な情報を提供してくれる投資顧問は信頼できるということです。
前池英樹が率いる新生ジャパンがいい例です。
新生ジャパンの口コミや評判を調べると、投資家の間でも評価が高いことが分かります。
また、投資顧問の料金体系は、固定制、従量制などがあります。
固定制は毎月支払う顧問料のようなもので、従量制は1回ごとに投資の助言をする際に支払う料金を言います。
つまり、この株はどうなんだ、あの株はいいのかと尋ねてもらうたびに料金が支払われるため、顧客からの信頼を得ることはそうした機会を増やすことにつながります。
なので、投資顧問にとって大事なことは顧客の利益につながり、その顧客からの信頼を勝ち取ることにあります。
もし適当なことばかり言っていれば、当たることもあるでしょうが、たいていは外してしまいますし、この投資顧問は人の金だと思って適当なことしか言わないと思われてしまいます。
また、人を選んで情報の選別をすると、そういった態度は必ず相手に伝わるのと、そういった評判はすぐに広まるため、信頼を損ねる危険が高いのです。
大口の顧客だろうと、投資の初心者だろうと、誰であってもしっかりとした情報を提供する投資顧問は信頼を勝ち取りやすく、そのために日々の情報収集、勉強に余念がありません。
そうした姿勢があってこそ、新鮮な情報を常に顧客に提供できるのです。
速報性が高く、タイムリーな情報をいつも教えてくれれば、毎日のように情報を求められるようになり、相場への観察などの精度を高めていきます。
その相乗効果がさらに新鮮な情報となって、顧客に還元されるのです。